ポレポレ東中野レポート

【「農薬禍」アンコール特別限定上映+「医す者として」トーク】2012/1/14

朝9:30~は、12/23の特別上映で好評を得た「農薬禍」のアンコール特別限定上映。
本日も、朝早くから多くのお客さまに来場いただきました。
はじめに「医す者として」監督の鈴木から一言挨拶後、アンコール特別上映がスタートしました!

「医す者として」への入れ替え時間、整理券番号順の入場をまつお客さま。

 

映画「医す者として」10:20の回上映後はプロデューサーの小泉修吉
(「農薬禍」監督)によるトークが行われました!

 

佐久総合病院との出会いや、映像制作会社「グループ現代」創設へとつながった
「農薬禍」が制作されたきっかけ、以来、20作品以上も佐久病院にまつわる映像制作
をおこなってきたなかで、当時の若月俊一先生との交流の思い出などを交え、
「医す者として」制作・公開への思いをお話しいただきました!

 

 

上映後のロビー。ゲストとお話し。展示、関連書籍の閲覧・購入も。

 

展示物も更に追加され、増えています!

(トークが終わり、ほっと一息の小泉修吉プロデューサーと鈴木正義監督)

*上映は1月中も続きます。この機会にぜひ足をお運びください!


カテゴリー: レポート   パーマリンク