ツイッター試写会&トーク in 渋谷アップリンク

【4/15(日)Twitter試写会inアップリンク・レポート】

この度、4月21日(土)より渋谷アップリンクにて「医す者として」がアンコール上映されることになり、
それに先駆けて「学生限定ツイッター試写会&スペシャルトークイベント」を開催いたしました!

学生の皆さん、たくさんいらしてくれました!受付の様子です。

トークイベントのゲストは、大野更紗さん×猪飼周平さん×藤井博之さん。

おかげさまで場内は満席、穏やかなムードでトークが始まりました。

左:藤井博之さん(臨床医)
中央:大野更紗さん(「困ってるひと」著者)
右:猪飼周平さん(一ツ橋大学准教授)

ゲストの皆様、それぞれの研究分野、お立場から興味深いお話をしてくださり、トークイベントならではの話題になりました。
若月先生のお話に始まり、農村医療・農村医学のお話、映画についての率直な感想、ピンピンコロリのお話まで…。
オフレコ(笑)の話もてんこもり!でした。

学生の皆様もとても真剣に聞いていました。

 

トークが終わった後も、ゲストの方と学生さんの交流がありましたよ!

 

最後に、学生とゲストの皆様との質疑応答の時間がありました。
積極的に手をあげてくださり、「医療の民主化」の話など、わずかな時間でしたがとても盛り上がりました。

今回は、医療福祉系の学生だけではなく他学部・専攻の学生さんに来ていただいたおかげで、幅広い視点からこの映画を観ていただくことができました。
また、Twitter試写会を開催したことで、更に輪が広がり、様々な方とお知り合いになることができました!
本当にありがとうございました。

場内の皆様のアンケートは、後日また掲載させていただきます。

いよいよ、4月21日(土)~渋谷・アップリンクにて上映開始です。

今後とも、「医す者として」をどうぞよろしくお願いいたします!


カテゴリー: レポート   パーマリンク