【上映レポート:霞が関ナレッジスクエア】

【2013年6月21日(金)@霞が関ナレッジスクエア】

霞が関の公民館として、霞が関・虎の門地区に働く官民の方々を対象に文化・科学・教育分野の

インディペンデント系映画の上映会を開催(文化庁・霞が関から文化力プロジェクト認定講座)

しているナレッジスクエアにて、上映とトーク<医療を通じて地域を創った男>が行われました!

 

※トークゲスト
鈴木正義(監督・グループ現代 プロデューサー)
小池宙(慶應義塾大学附属病院医師)
河合博(市民会議 プラットフォーラム 代表)
坪田康佑(一般社団法人医療振興会どこでもクリニック感護師・健康師)

トークは、今回の企画共催者の坪田さんの司会進行で展開!
無医村医療対策の実践家、地域活動家、佐久病院勤務歴のある医師、監督の鈴木が登壇し、
それぞれの立場から「地域医療の礎を築いた若月俊一と佐久総合病院」をそれぞれが、
どう今に引き寄せ、これからどうしていくか…など、会場の方との発言交流も含め、
あっという間の45分間でした!

小池宙(慶應義塾大学附属病院医師)
過去に、佐久病院で3年間仕事をしていたこともあり、懐かしく拝見した。

「農民とともに」はどういう意味か、なぜああいうことをしてきて、そのエネルギーはどこにあったのか…若月先生は「時代の奴隷の存在」に怒っていたように感じている。
患者には一人ひとり背景となる生活・物語がある。一人ひとりに寄り添うことで「その人の幸せが何なのか」がみえてくる。いま、どこでも孤立化が問題になる中で、「時代の奴隷の存在」を感じる。

東京生まれ東京育ちの自分の「ふるさと・東京」で、佐久での経験もいかし、学びながら医療に携わっていきたい。

 

河合博(市民会議 プラットフォーラム 代表)
キーワードが3つ。

1)農民自身が病気を理解しないと予防につながらない=現場に出て農民のニーズを探り広げていった。
2)二足のわらじ=専門だけでなく、その人のいる背景や地域性、生活とは切り離せないものである。
3)病院の民主化=地域の民主化。若月さんは「地域の民主化」をしたかったのではないか。

いまの若い人が「自分たちが次世代の担い手なんだ」という自覚や、医療も介護も、コミュニティのなかでどう関わっていくかなど、そういう意識を持ちやすいように支えることをしていかなければならない。若月さんや佐久病院を手本に考え、取り組んでいく。

 

鈴木正義(監督・グループ現代 プロデューサー)
遺された古いフィルムは30万フィート。それを見続け「今にいかしたい」と思って作った。今を考えるときに、世界で起こっていることを考えるということと同時に同じくらい大事なことは、時間の縦軸というか、歴史を辿るということ。そこからヒントが見つけられるんじゃないかと。若月の手法は社会学。病と社会的要因をどう考えていくのかをとても大事にしてきた。今日的意味を、社会学的に考えると、かつて若月さんがやってきたこととつながる。若月は「農民のために」と活動されてきて、途中から「農民とともに」にかわって、いまもそう。言いかえると「地域住民とともに」。私は映像をつくる人間なので、対象の方々とどれだけ「ともに」できるかを考え続けたい。
若月はずっと自分のことを「きたりっぽ(来訪者)」と言っていたが、「よそものである」ということを大事にしながら、地域や関わる人たちとともに映像ができたらいいな、と思っている。

 

坪田康佑(一般社団法人医療振興会どこでもクリニック感護師・健康師)

<移動型診療所をつくり、無医村に医療を提供する>という仕組みをつくって活動している。
そのなかで、温故知新ということで、若月先生のことを学んでいて、この企画にたどり着いた。
移動型の診療所をやっていて、難しい地域との関係性を勉強しているが、60年前から活動されていた若月先生には、臨床家としてベンチャー企業家として、経営者としても、まだまだ闘っていかなきゃいけないな、と元気をもらえた。これからもこのような、みんなで学び、考えるような企画を続けていきたい。

 

 

  

※この日の上映とトークイベントは、大船渡と陸前高田の仮設住宅に設置された専門機器を通じて衛星中継され、中継先からもオンラインPCで質問が届き、つながることができました!
会場には、若い医師や看護師などたくさんの方にご来場いただきました!

~ご来場いただいたみなさま、主催のみなさま、ありがとうございました~


カテゴリー: レポート | コメントは受け付けていません。

【上映レポート:栃木・那須烏山市】

【2013年6月9日(日)@栃木・那須烏山市】

南那須地域医療を守る会総会での上映&講演に監督の鈴木が参加させていただきました!
病院関係者、行政、市民…と様々な方にお集まりいただき、上映後のトークでは、
地域医療の発展についてなどをお話をさせていただきました!

     

ご来場いただいたみなさま、主催のみなさま、ありがとうございました!


カテゴリー: レポート | コメントは受け付けていません。

【上映レポート:東京・高島平団地集会所】

【2013年6月8日(土)@東京・高島平団地集会所】

上映&監督の鈴木が講演させていただきました!
パイプ椅子を並べた会場には、団地・地域住民のみなさんはじめ、
首都圏近郊からも参加者があり、コミュニティのお話などをさせていただきました!

 

ご来場いただいたみなさま、主催のみなさま、ありがとうございました!


カテゴリー: レポート | コメントは受け付けていません。

【上映レポート:東京・下高井戸シネマ 優れたドキュメンタリー映画を観る会】

【2013年4月21日(日)@東京・下高井戸シネマ】

毎年行われている<世田谷優れたドキュメンタリー映画を観る会>
2013~わたしの仕事、わたしの生き方~にて、上映されました!

上映後、監督の鈴木から、映画を制作したいきさつや、取材時のこと、
そして自主上映の展開についてなど、10分ほどお話をさせていただきました。

 

来場していた撮影スタッフの今井友樹さんも、急きょ、一緒にご挨拶をさせていただきました!

 

~ご来場いただいたみなさま、主催のみなさま、ありがとうございました~


カテゴリー: レポート | コメントは受け付けていません。

文化庁映画賞授賞式のご報告

【2012年10月20日(土)in 六本木ヒルズ グランドハイアット東京】

皆様

お世話になっております。
先週の土曜日に文化庁映画賞の贈呈式がありまして、映画『医す者として』スタッフ一同で行って参りました。
当日の様子を写真に撮って参りましたので、皆様にご報告させていただき、少しでも共有できたら幸いと思い、アップさせていただきます!

会場入口の写真。右から、優秀賞『沈黙の春を生きて』、大賞『隣る人』、優秀賞『医す者として』

贈呈式では、スクリーンで受賞3作品の予告編映像が流れ、皆様より温かい拍手を頂戴いたしました。

 

 

 

 

 

鈴木正義監督が登壇し、賞状をいただきました!

かなり緊張した表情の鈴木監督。写真は後ろ姿ですが…

緊張感が伝わってきます!

 

 

 

そして鈴木監督による受賞のスピーチです。

 

 

 

 

 

 

映画にご協力いただいた全ての皆様への感謝の気持ちと、プロデューサーはじめスタッフへの感謝の気持ちを話す鈴木監督。
やはり映画というのは、たくさんの方のご協力なしでは存在し得ないのだなと、改めて実感いたしました。

この場にご出席いただけなかった全ての皆様に、感謝の気持ちが届きますようにと、思った瞬間でありました。

↑最後に、集合写真です。

受賞作品は、10月27日(土)の第9回文化庁映画週間にて上映されます。
入場料は無料ですので、是非ご来場ください!(要予約)

詳しくは下記のサイトにて。

http://bunka-cho-filmweek.jp/

今後とも、『医す者として』を何卒よろしくお願い申し上げます!


カテゴリー: レポート | コメントは受け付けていません。

初日!

【4/21(土)上映初日in渋谷アップリンクX】

お世話になっております。

4月21日(土)、渋谷アップリンクにて「医す者として」の上映が無事にスタートいたしました!
当日は、配給・宣伝スタッフ全員で劇場会場に伺いました。
写真は、入場開始後、上映前の様子です。

ご来場いただいた皆様と直接お会いできる機会は滅多にないので、とても嬉しい時間でした。

劇場に足を運んでくださった皆様、本当にありがとうございます。

「医す者として」4月21日(土)~5月11日(金)渋谷・アップリンクにて上映中です。
作品を劇場のスクリーンにて鑑賞いただけるこの機会に、
是非是非、ご来場ください!

どうぞよろしくお願いいたします!


カテゴリー: レポート | コメントは受け付けていません。

ツイッター試写会&トーク in 渋谷アップリンク

【4/15(日)Twitter試写会inアップリンク・レポート】

この度、4月21日(土)より渋谷アップリンクにて「医す者として」がアンコール上映されることになり、
それに先駆けて「学生限定ツイッター試写会&スペシャルトークイベント」を開催いたしました!

学生の皆さん、たくさんいらしてくれました!受付の様子です。

トークイベントのゲストは、大野更紗さん×猪飼周平さん×藤井博之さん。

おかげさまで場内は満席、穏やかなムードでトークが始まりました。

左:藤井博之さん(臨床医)
中央:大野更紗さん(「困ってるひと」著者)
右:猪飼周平さん(一ツ橋大学准教授)

ゲストの皆様、それぞれの研究分野、お立場から興味深いお話をしてくださり、トークイベントならではの話題になりました。
若月先生のお話に始まり、農村医療・農村医学のお話、映画についての率直な感想、ピンピンコロリのお話まで…。
オフレコ(笑)の話もてんこもり!でした。

学生の皆様もとても真剣に聞いていました。

 

トークが終わった後も、ゲストの方と学生さんの交流がありましたよ!

 

最後に、学生とゲストの皆様との質疑応答の時間がありました。
積極的に手をあげてくださり、「医療の民主化」の話など、わずかな時間でしたがとても盛り上がりました。

今回は、医療福祉系の学生だけではなく他学部・専攻の学生さんに来ていただいたおかげで、幅広い視点からこの映画を観ていただくことができました。
また、Twitter試写会を開催したことで、更に輪が広がり、様々な方とお知り合いになることができました!
本当にありがとうございました。

場内の皆様のアンケートは、後日また掲載させていただきます。

いよいよ、4月21日(土)~渋谷・アップリンクにて上映開始です。

今後とも、「医す者として」をどうぞよろしくお願いいたします!


カテゴリー: レポート | コメントは受け付けていません。

ポレポレ東中野レポート

【2/24(金)ポレポレ東中野 上映最終日】

昨年12月から、10週にわたりロングラン公開させていただいた「医す者として」ですが、
おかげさまで2/24(金)をもちまして無事に終了することができました!

最終日には上映後にプロデューサーのお二人のトークがありました。
ところどころに笑いもあり、場内は終始和やかな雰囲気でした。

 
    左:佐久病院映画部の中心人物で、若月俊一さんのご長男・若月健一さん(プロデューサー)
右:グループ現代創設者の小泉修吉さん

 
佐久病院映画部のお話をメインに、若月さんが施設長を務めていた佐久総合病院老人保健施設のお話など、貴重なトークを聞くことができました。

最後に、監督の鈴木正義さんも交えて皆様にお礼のご挨拶。

 

上映後のロビーも賑わっていました!
作品を観たお客様が直接話しかけにきてくださって、良いご縁を感じた時間でした。

 
 

これからは地方劇場公開、自主上映会に入っていきます。
上映のお問い合わせは、まだまだ受け付けております。

少しでもご興味のある方がいらっしゃいましたら、是非お問い合わせください。

今後とも、「医す者として」をどうぞよろしくお願いいたします!


カテゴリー: レポート | コメントは受け付けていません。

ポレポレ東中野レポート

【「医す者として」ロングラン上映記念トーク】2012/2/4

2011/12/17から始まったお正月ロードショーの、10週にわたるロングラン上映決定を記念して、
上映後、「医す者として」プロデューサー・「農薬禍」監督・グループ現代創設者である
小泉修吉さんのトークを行いました! 

 

佐久総合病院との出会いや、現在の【株式会社グループ現代】の前身であった
【映画同人グループ現代】での活動、若月先生との交流、佐久病院内映画部の誕生、、、
そのつながりから生まれた今回の「医す者として」制作経緯や思いを存分にお話しいただき、
客席には頷きながら話に聞き入るお客さまが多くいらっしゃいました!

 

 

 

 

予定にはありませんでしたが、
来場していた鈴木正義監督からも
急きょ、一言ご挨拶。

 

 

終了後のロビーではお客さまとの対話も。
*寒いなか、ご来場いただきましたお客さま、ありがとうございました!*

~いよいよ上映は2/24(金)までです!~
大きなスクリーンでご覧いただけるこの貴重な機会に、ご来場お待ちしています!


カテゴリー: レポート | コメントは受け付けていません。

ポレポレ東中野レポート

≪「医す者として」延長記念イベント≫

【「医す者として」監督トーク】2012/1/28(土)
【「農薬禍」特別限定上映】2012/1/29(日)

劇場延長上映決定記念としてのトークと特別上映を行いました!

●1/28(土)は、監督のトーク。

 

 

 

 

 

 

 

佐久病院と映画製作者たちの関わりの歴史や、
監督自身がこの作品に関わったきっかけ、
制作時の裏話、関わってきた方々への思い、
映画公開・普及への思いなどをお話ししました!
質疑応答では、お客さまと監督の対話の場面も!

 

 

トーク後には、現役の医学生や看護学生から
監督に質問、監督との対話の場面もみられました!

 

 

 

 

●翌日の1/29(火)「医す者として」上映後には、「農薬禍」が特別上映されました!

これから2月に入っても上映が続きます!この機会にぜひご鑑賞ください!


カテゴリー: レポート | コメントは受け付けていません。